愛犬の健康管理と犬に関係する情報、ペット保険をテーマに記事にしてます。また、「もなか」のアトピー性皮膚炎について、色々と行った対策も記事にしています。

愛犬「もなか」の健康管理ブログです

「もなか」が子犬の時、アトピーを発症し、一時期はひどかったのですが、色々と対策を行った結果、今ではほとんど気にすることも無くなりすっかり健康になりました。

アトピーと言うと治療法が確立されておらず、治らない病気というイメージがかなり定着しているので、実際にそう思っている方も多いかと思います。

良かれと思って行った治療がその子に合っていないということも多く、逆に症状を悪化させてしまったということがよくあります。厄介な病気なのは事実ですが、個人的にはアトピーも完治することができると考えております。

実際、我が家の娘(人間です)もアレルギー体質で小学生から中学にかけて、アトピー症状がかなりひどくなった時期があり、随分と悩み、色々な病院にも行きました。

そんな中、どんな治療法が効くのかと個人的に色々と調べ、対策を行ってきました。

その甲斐あってか、今ではすっかり健康になり、普通に生活出来ています。

その経験もあり、「もなか」がアトピーになったときには落ち着いて対策できたので、もっと短期間でアトピー症状を改善することができました。

愛犬のアレルギー体質やアトピーでお悩みの方も多いと思いますので、少しでも参考になればと、色々と調べた内容や実際に行ったことをまとめました。

また、犬を飼う上で色々と疑問に思ったこと、食事、おやつ、健康管理や習性などについて調べたことをブログとしてまとめています。よかったら読んでみてください。

目次

犬の健康管理

犬の健康管理について気になったことや調べたことをまとめています。

犬の食べ物

犬の手作り食やドッグフードの安全性などについて、まとめています。

犬のアトピーについて

アレルギー性皮膚炎に関する基本的な知識や療法について「もなか」で効果があったものなどをご紹介していきます。また、一番の対策だと思う手作り食についても記載していきます。

犬情報

「もなか」の日常や犬の健康管理について気になったことや調べたことをまとめています。

ペット保険

会社ペット保険各社の保険商品やペット保険の選び方について、色々な点からまとめています。

プロフィール

名前: もなか
犬種: 黒柴
性別:
誕生日: 2011年11月1日

生まれて2ヶ月ぐらいの赤ちゃんの頃にうちの家族の一員になりました。来てすぐの頃から食物アレルギーでアトピーの症状が出始め、ひどい時には目の周りの毛が抜けて腫れているような状況でした。いつも、手足を痒がっているような状態でしたが、色々と対策したことで今ではアトピー症状もなくなり、ほとんど完治することができました。

ただ、アレルギー体質が完全になくなったわけではなく、今でもたまに手足を噛んでいたり、多少花粉症の時期にはクシャン、クシャンとやっております。

気づくと寝ていることが多い「もなか」ですが、誰か家族が帰ってくる音がすると、いち早く飛び起きてお迎えをする忠義者です。特に近所に住んでいる「ばあば」が大のお気に入りです。

初めての出会い

ペットショップで初めて会ったとき、「もなか」は生後2か月にも満たない赤ちゃんでした。今の法律では生後56日以内は生体販売できないのですが、当時はまだOKでした。

そのため、かなり子犬だったと思います。

当時、犬を飼いたいと子供たちからお願いされており、ちょうど黒柴を探しているところでした。個人的にはオスがよかったのですが、家族全員がその場でもなかを気に入り、即購入、12月の初め頃には家族の一員になってました。

ペットショップでは少しおとなしい子かなと思っていたのですが、実はかなりヤンチャな子でゲージから脱走しては、そこら中におしっこする毎日でした。

ペットショップで抱っこ

ペットショップで抱っこ

アトピー

元々胃腸が弱かったのか、赤ちゃんの頃はすぐに下痢気味なウンチになることが多かったです。今思えば、しょっちゅう下痢になるということは、「もなか」の腸内では悪玉細菌が繁殖して最悪な状況だったのだと思います。

ドッグフード

家に来たときは、元々ペットショップで食べていたというドッグフードをそのままあげていました。

そのドッグフードが悪かったのか、わからないのですが、よくおなかを壊して下痢気味になり、病院のお世話になることが多かったです。

最初はドッグフードの問題かと思い、違う種類のものをいくつか試してみました。いつも最初は食いつきもよく、パクパク食べるのですが、すぐに残すようになることが多かったです。

その内、よく顔や手を掻くようになり、顔の毛が抜け、目の周りがパンダみたいに赤く腫れるようになりました。典型的なアトピーの症状で、病院でもアレルギー性皮膚炎と診断されました。

目の周りがハゲハゲ

目の周りがハゲハゲでした

たまたま、家の子供もアトピーがひどかったので、かなり予備知識もありましたが、犬にもアトピーがあるとは、それまで知りませんでした。後から調べると、柴犬は遺伝的にアトピーを発症しやすいようです。

手作り食

アトピー症状が出始めてからなのですが、どうもドックフードを食べた後に痒がることが多いことに気づきました。

動物病院から出されたアトピー用の療法食やオーガニックなドッグフードなどを色々与えてみたのですが、全く改善しませんでした。

そこで、思い切って手作り食に切り替えてみました。

犬の場合、食べてはいけないものや栄養バランスが若干人間とは違うことなど、色々と気にしないといけないことが多いため、手作り食に切り替えることに最初はかなり迷いました。ただ、「もなか」がドッグフードを嫌がるのと、痒がるのを見ているのも辛かったので、最終的には手作り食に切り替えることにしました。

その後、体調は徐々に改善し、今では元気いっぱいで太り過ぎを注意しないといけないほど、食欲旺盛な子に成長しました。

よく考えると昔は、家で飼っていた犬に祖母が普通のご飯をあげていた記憶があり、それで特に問題もなかったので、犬にはドッグフードをあげないといけないというのは単なる思い込みのような気がします。

最新の記事

「犬バカですが なにか?」、犬との付き合い方をテーマにした良書です

最近、あまり本を読まなくなっていたのですが、Kindle Unlimited(特定のKindle本を読み放題)を試したくて少し前にアマゾンのKindle端末を買ったので、今、本を読みまくっています。 なんせ、読んでも読ま …

ペットにも再生医療で最先端の治療を受けさせたい

最近ではiPS細胞などによる人の再生医療が注目を集めていますが、実はペットの再生医療もかなり盛り上がっているようです。 下記の記事にもあったのですが、ウェブサイトで再生医療を謳っている動物病院は160以上もあるそうです。 …

ペットの治療ミスに対して賠償判決-獣医師さんも頑張ってください

今朝の新聞に載っていたのですが、ペットの犬の治療ミスに対して、病院側に治療費、慰謝料として116万円の支払いを命じた判決が出たとありました。 《朝日新聞》 ペットの犬「誤投薬で腎不全に」 獣医師らに賠償命令 賠償金額は請 …

ペット保険業界の問題点についてちょっと考えてみました

このブログでも何度か話題にしたことがあるのですが、今回は「ペット保険業界の闇」というか、ペット保険の問題点について、勝手にまとめてみたいと思います。 ペット保険業界は、年率で10%も伸びている成長分野です。 一時期のペッ …

犬が下痢になったとき、あなたは下痢止め薬を使う派?使わない派?

ペットが下痢をしたとき、動物病院に行くと、下痢止めのお薬をもらって終わりということがよくあります。 確かに、もらったお薬を飲ませると、すぐに良くなることも多いものです。 そのため、何度も下痢を繰り返していると慣れてきて、 …

犬をノーリードで散歩させている人はどういう神経をしてるんですかね

最近でもたまに見かけるのですが、道でリードを付けずに犬を散歩させてる人がいます。それほど人通りが多い道ではないのですが、車の往来は結構激しいところです。 たいていは小型犬なのですが、何かにびっくりして車道に飛び出したら、 …

フィラリアのお薬を安く手に入れる方法とは?海外輸入品を使うときは事前検査をしっかりしましょう

先日、近所を散歩していたら土筆(つくし)がいっぱい生えていました。他にも、とってもちっちゃな花が色々と咲き始め、とても春らしさを感じる季節になりました。 この時期、花粉症さえなければ、散歩にはとてもよい季節です。 &nb …

ヒートのたびに結構面倒なのですが、それだけの理由で避妊手術はしない方がよいです

最近、「もなか」のヒートが始まりました。 まだ、出血はそれほど多くないのですが、あちこちに血が付かないように対策中です。 過去にも「もなか」が生理になるたびに記事を書いているのですが、ここ最近は、だいたい7ヶ月から8ヶ月 …

犬のウンチ量は少ない方が本当に健康によい?便秘になるよりは大量の方がずっとマシ

この3連休は私が「もなか」の散歩に行ったのですが、昨日、今日とウンチが大漁でした。 昨日など、今までの散歩で過去最高クラスのウンチ量です。 何と、散歩中に3回もウンチをし、その内の2回は普段より多いぐらいの量でした。散歩 …

犬種ごとのランキングデータからわかること-人気犬種の条件とは

ペット保険の最大手であるアニコムでは、毎年、保険契約しているペットの統計情報をまとめた白書を発刊しています。 昨年末にも2016年版がリリースされていました。 《アニコム》 家庭どうぶつ白書2016 この白書は、このブロ …

著者プロフィール

H.N. もなパパ

早いもので「もなか」を飼い始めて、5年にもなります。やんちゃだった子も今ではりっぱなレディです。(相変わらず臆病者ですが。。。)

犬と生活していると、色々とおもしろいこと、分からないことが何かと出てきますが、疑問に思ったことを納得いくまで調査し、分かりやすい記事にすることを目指しています。

記事を書くことで自分の勉強にもなりますが、少しでも、同じように犬を飼っている人のためになればと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングに参加しています。このブログが少しでもお役に立てば、ポチッとお願いいたします。

目次

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © もなパパ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.