犬康食ワン

愛犬が高齢になってくると、ガンなどの病気が心配、毛並みが良くない、最近なんだか元気がない、大好きな散歩にあまり行かなくなった、などなど、愛犬の健康について色々な心配ごとが出てくるかと思います。

特に最近、犬の寿命がどんどん延びてきており、今では小型犬の平均寿命が14~15年と一昔前に比べて、かなり長生きするようになってきました。その分、老後を如何に健康で長生きさせてあげるか、飼い主として、愛犬の健康管理がとても大切になっています。

犬の健康管理というと、このブログでも色々な内容をご紹介していますが、基本は毎日の食事だと思います。

犬も同じドッグフードばかり食べていては栄養が偏ったり、食物アレルギーを発症したりと、色々な弊害があるため、今では愛犬に手作り食を与えている方も多いかと思います。

そんな中、普段の食事ではなかなか取れない栄養素を毎日のサプリメントで補強してあげようと、色々な種類のサプリが犬用として販売されるようになりました。

今回、レビューした「犬康食ワンプレミアム」は、他の犬用サプリと比べると、その主成分が漢方薬という点が犬用としてはかなり異色です。一般的なお薬と違って、漢方薬は効き目が穏やかな分、副作用が少なく、常用するサプリとしてはとても良いイメージがあります。

しかも、このサプリは15年以上もの販売実績があり、犬用サプリとしてもかなりの老舗になります。

これだけ、長く販売され、愛用者もたくさんいることから、その効果を実感されている方も多いようなのですが、いったいどんなサプリなのか、詳細にレビューしてみました。

こんなワンちゃんに犬康食ワンプレミアムがおすすめ

公式ホームページを見ると、犬康食ワンプレミアムは以下のようなワンちゃんが対象になるとしています。

犬康食ワンプレミアムの対象となるワンちゃん

  • これからも元気でいてほしい
  • ダイエット中
  • ストレスが溜まっている
  • きれいな毛並みを維持したい
  • 健康な皮膚を維持したい
  • 皮膚が弱い
  • 老化で体力が落ちた

これからすると、まさに健康補助食品といった感じで、滋養強壮力を高めて、全体的な健康を維持することが目的のようです。宣伝文句にも「6歳以上のワンちゃんにおすすめ!」とあるように、どちらかというと、体力が落ちてきたシニア犬がターゲットのサプリです。

原材料は昔からある漢方薬がメイン

原材料を確認してみると、霊芝、田七人参、エゾウコギといった漢方薬類と乳酸菌が入っており、なんだかとても体に良さそうな感じです。

乳酸菌や酵素を使った腸内環境の改善サプリは色々とあるのですが、本格的な漢方薬が入っているものは、犬用サプリではめずらしいです。

 

公式ホームページを確認すると、主成分は霊芝だそうで、それに田七人参、エゾウコギ、乳酸菌を配合したものだそうです。そのため、一番の有効成分は霊芝です。

霊芝というと、一昔前にガンに効果があると、かなり話題になっていましたが、今では、ガンに対する効果はそれほど話題にはなりません。ただ、昔から中国の皇帝も愛用していたと言われる漢方薬であり、健康を保つにはかなり期待できます。

 

主な原材料について、簡単にご紹介しておきます。

霊芝(れいし)

漢方薬として、かなり古くから有名なものです。中国ではその貴重さから「幻のキノコ」とも言われます。

近年になり、人工的な栽培が可能になったことから、今ではサプリメントとしても良く使われる素材です。

霊芝、アガリスクと言えば、一昔前にがんの予防、抑制効果があるとかなり話題になっていましたが、今ではそれほどの効果は期待できないとされています。

ただ、キノコ類に多く含まれている、β-D-グルカンが豊富に含まれており、健康食品として健康を維持する効果が期待できます。

犬康食ワンでは、長野県の契約農家が栽培した無農薬霊芝を主原料としています。また、その抽出法にも特徴があり、従来方法に比べて有効成分を5倍も抽出できるらしいです。

霊芝によるがん予防・抑制効果については疑問

霊芝というとすぐにガンへの効果という点が話題になります。一般的に、霊芝を含むキノコ類に含まれる「βグルカン」という多糖成分ががんの予防・抑制に効果があるとされています。

ただ、様々な研究機関によって臨床実験がされていますが、未だに不明な点が多く、本当にがんに効果があるか分からないというのが実情のようです。

以下のサイトが良くまとまっており、参考になりました。m(_ _)m

《参考》 霊芝の効果・副作用の研究成果

このサイトによると、主に中国、台湾系の実験では効果があるとされていることが多いです。(うーーん、あやしい)

また、国の公的機関である国立健康・栄養研究所では霊芝の抗腫瘍活性に対して、信頼できる十分なデータが見つからないとしています。

《参考》 国立健康・栄養研究所、健康食品の素材情報データベース

霊芝はその貴重性により昔から皇帝への献上品とされるほど、珍中されてきました。その中で、その効能が誇大評価になっていったのではないかと思います。

がんに対する効果はイマイチ信用できないですが、健康を維持するためには、一般のキノコより遥かにβグルカンが豊富に含まれており、漢方としての薬効は高いようです。

ちなみに、犬康食ワンプレミアムでは、霊芝によるがん予防には一切触れておりません。この点はかなり好感が持てます。

田七人参(でんしちにんじん)

田七人参とは、ウコギ科の植物で中国の雲南省の1000m以上の高原で古くから作られていた人参です。原産地では古くから薬用として用いられていました。近年になってその効能が注目されるようになりましたが、日本では入手が困難なことから漢方薬としてはあまり知られていませんでした。

私は、この漢方薬は知らなかったのですが、昔から生産量が少なく、とても貴重なものだったようです。収穫できるまでに3年から7年もかかることから三七人参(さんしちにんじん)とも言われています。

最近では、人用のサプリメントとしても流通しているものです。

生活習慣病対策として効果を発揮するサプリのようです。

エゾウコギ

エゾ(蝦夷)という名前からも日本では北海道でのみ自生する植物で、田七人参と同じウコギ科です。ウコギ科の植物には古くから漢方薬として利用されているものが多く、その代表的なものに高麗人参があります。

エゾウコギの根っこや茎などに、体の活力を高めるための成分をたくさん含んでおり、中国では古くから漢方薬として利用されてきました。エゾウコギは寒暖差が大きく、寒さの厳しい地域でのみで自生する植物で、日本では北海道の東部のみで生産されます。

効能としては、田七人参と同じような感じで、一般的な生活習慣病対策として期待できます。

有胞子性乳酸菌

漢方薬以外では、この乳酸菌によって、腸内環境のバランス維持をサポートします。

特に有胞子性というのは、「胞子」を形成するタイプの乳酸菌であり、硬い殻で菌が守られているので、一般的な乳酸菌より胃酸や乾燥に強い乳酸菌です。

また、乳酸を生成する能力も高く、腸に留まっている時間も長いという優れものです。

乳酸菌は、腸内で善玉菌として働いたり、また善玉菌のエサとなったりすることで、腸内環境を健康に保つ効果があります。通常はヨーグルトなどの発酵食品で摂取することができますが、サプリメントとして摂取することでより即効性が高くなります。

腸内は免疫細胞がもっとも集中している器官であり、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境のバランスを維持することは色々な病気予防に繋がります。

公式ホームページでの口コミではかなりの高評価

ホームページでは利用者の体験談がいっぱい掲載されています。

すべての体験談を読んだわけではないですが、確認した限りでは高評価なものばかりで、とくに愛犬の毛並みが良くなったという口コミがものすごく多くありました。

色々な犬種のワンちゃんの体験談があり、その数は200以上にもなります。手書きのメッセージと写真入りも多いので、信頼性はかなりあります。(これだけの数があるので、少なくともサクラだけではないと思います)

 

私の場合、かなり疑り深いので、通常は公式ホームページで掲載されている口コミはあまり信用しないようにしています。それは、かなり偏った意見が多いからですが、これだけの数になると、やらせということも少ないかなと思います。

ただ、悪評がまったくなかったのが少し残念です。手書きメッセージのフォーマットがすべて同じものだったので、何らかの割引?と引き換えにレビューをされているのかもしれません。積極的にレビューする人の場合、人間の心理としてウソはつかないまでも、悪口を書く人はほとんどいません。

 

他に口コミがないかとネットで調べてみると、「ワンちゃんが食べてくれなかった」、「効果がよくわからなかった」、という口コミもチラホラとありました。

これだけ長く販売しているので、試しに購入してみたが、効果が良くわからなかったので、止めてしまったという人もかなりの数になりそうです。

残念ながら、どのぐらいのワンちゃんでその効果が実感できているのか、良くわかりませんでした。ただ、効果があると感じている人が多くいることは確かなようです

サプリメント類は個体によって、劇的な効果がある子もあれば、あまり効果を実感できない子もいるのが普通です。このあたり、一度試してみないとわからないこともあります。

「もなか」の反応はかなり良好-グルメなワンちゃんでも大丈夫

犬康食ワン

見た目は白い粉(チーズ)でコーティングされており、匂ってみるとチーズのニオイがかなりします。

チーズ大好きな「もなか」の場合、この匂いだけでかなり欲しそうな感じでした。封を切っただけで、興味津々ですぐに飛んできました。

一粒を手に取って与えてみると、ガリガリと噛み砕いて一瞬で食べてしまったので、たぶん、新しいおやつと勘違いしていると思います。

 

念のため、自分でも少し食べてみたのですが、チーズの味はほとんどせず、漢方薬の味と香りがしました。ただ、それほど苦いというわけではなく、ワンちゃん向けに少し甘めの味付けをしているみたいです。

犬は味音痴であるため、食べ物は味というより匂いで判断します。チーズの風味で騙されて、そのまま食べてしまうワンちゃんが多いのではないでしょうか。

スタッフブログがあるのが個人的には好印象

サプリメントのサイトではあまり見たことがないのですが、公式ページにスタッフによるブログが掲載されていました。

それも平日は毎日更新されており、更新頻度がかなり高いです。

内容は特にサプリに関係することではなく、スタッフの日常や個人的なことばかりでした。ただ、このようなブログがあると、スタッフの人柄もよくわかり、商品の信頼性にもつながっているように思います。

また、この会社のアットホームな感じがよく伝わってくるので、この会社の社風もわかるような気がし、個人的には好印象でした。

《ブログ》 スタッフブログ

まとめ

日光浴するもなか

今回は、10日分のサンプル品を貰っただけなのと、「もなか」に与え始めてまだ5日程度のため、はっきりした効果はまだありません。

「もなか」の場合、まだ4歳ということもあり、今のところ元気いっぱいです。元々毛並みもかなり良く、うんちも毎日快便な状況です。

今はまだ、サプリメントに頼らなくても全然問題ありません。

たぶん、今、このサプリを長く続けてもその効果を実感するのは、難しいと思います。

 

やはり、このサプリメントはシニア期に入った老犬に最適なような気がします。(若くても元気がないワンちゃんには効くかもしれません)

年を取って、毛並みがパサパサしてきた、病気ではないが最近元気がない、ずっと寝てばかりいる、というワンちゃんの場合には、試してみる価値は十分あると思います。

漢方薬がメインのサプリメントのため、比較的効果は穏やかであり、口コミからは続けることで、年をとっても元気、毛並みがとても良いという方が多くいました。

「犬康食ワンプレミアム」はこれまでの販売実績(100万袋突破、15年以上の販売実績、7万頭以上が愛用)がかなりある点も、安心できる材料です。犬用サプリメントとしては、老舗といってよいほど、古くから販売されているサプリです。

これだけ長年にわたって飼い主から支持されていることからも、その効果を実感されている方が多いです。

ぽっと出のサプリメントを試すぐらいなら、こちらの方が信頼できるのではないでしょうか。

 

気になる方は、初回限定だそうですが、33.9%引き!の2,570円(税込)で購入できます。1粒あたり「86円」と少しお高いですが、一度試してみてはどうでしょうか。ちなみに初回限定の値段で3袋まで購入可能です。

あと、今なら10日分のおまけ(今回サンプルとしてもらったもの)が付いてくるそうです。

詳細は以下の公式ページで確認してみて下さい。

《公式ページ》 ワンちゃんの健康をサポート【犬康食・ワン プレミアム】