愛犬の健康管理と犬に関係する情報、ペット保険をテーマに記事にしてます。また、「もなか」のアトピー性皮膚炎について、色々と行った対策も記事にしています。

犬の手作り食で健康管理


犬の手作り食

「もなか」に手作り食を与えるようになったきっかけはアトピーの発症です。

赤ちゃんの頃はドッグフードを与えていたのですが、吐いたり、下痢をすることが多く、動物病院によく通っていました。病院で処方された除去食のドックフードやペットショップで売っているものを何種類かあげていたのですが、どれもしばらくすると食べなくなりました。

ちょうどその頃にアトピーを発症、ドックフードを食べるたびに痒がっていたため、一念発起して手作り食に替えてみました。

手作り食というと、一日2食を作るのが面倒かなと思っていたのですが、基本を「鶏肉入りのおじや」と決めることである程度作り置きもできるため、思っていたより楽です。後は時間があるときに少し違ったものを作ってあげることで「もなか」の食欲も倍増しました。ドックフードを与えていたときとは全然違う食いつきの良さにびっくりです。

愛犬のための「鶏肉と野菜たっぷりおじや」-栄養たっぷりで簡単調理

ドックフード

最近では犬というとドックフードさえ与えておけば大丈夫、栄養満点の完全食というイメージが定着しています。確かにドックフードによって犬の食生活が改善したことにより犬の寿命もかなり延びてきているのも事実です。
犬の年齢早見表(人に換算)と平均寿命が急激に延びた理由

ただ、ドックフードの中には粗悪なものも多くあり、どのドックフードが安全かを見極めるのがとても難しいです。
気になるドッグフードの安全性、ペットフード安全法はザル法?

手作り食の勧め

手作り食に切り替えることで犬が食べる食材については自分で完全に管理することができます。特にアトピーの場合、アレルゲンの除去も簡単に対応できるのでメリットは大きいです。

ドックフード推進派の人は犬に必要な栄養素は人間と違うので、素人が手作り食をすると栄養不足になり危険と主張します。ただ、私はこれには少し疑問を持っており、もう少し柔軟な考え方をすればよいのではないかと思っております。

人の場合でも栄養管理、カロリー管理をして完璧な食事を毎食作っている人がどれほどいるのでしょうか。人と犬で必要な栄養素が違うことは確かですが、それほど大きく違うわけではなく、犬は元々肉食だったことから肉食中心の食事にすれば個々の栄養素について細かく考える必要はないです。後は人間の食事と同様に色々な食材を万遍なくとることを心がけるだけです。

ただし、人間には害がない食べ物でも犬には食べてはいけない食材がいくつかあり、犬にとっては致命傷になりかねない危険なものもあるので少し注意が必要です。

犬が食べてはいけないもの、チョコレート、キシリトール、ネギ類etc
犬が食べてはいけないもの、牛乳、アルコールetc
犬が食べてはいけないもの、ほうれん草、ミネラルウォーターetc
犬が食べてはいけないもの、タバコ、野菜、卵

また、ドックフードと違って手作り食の場合、ちょっとした料理が必要になるので少し手間がかかります。ちょっとした工夫でそれほど面倒ではなくなるのですが、最初は無理をせずドックフードと併用してもよいかと思います。

犬の食べ物については、以下の記事でもまとめていますので、参考にしてください。

犬の食べ物

食物繊維は犬にとっても大切な第六の栄養素-腸内環境改善

少し前まで、食物繊維といえば、人間や犬ではその体内で消化できないために栄養学的には全く役に立たない、食べ物の「カス」として扱われておりました。 特に犬の場合、元々が肉食動物であるため、人に比べても消化器官が発達しておらず …

「犬心」はダイエットにも最適なドッグフード(無料お試し有)

久しぶりですが、「もなか」に新しいドッグフードを買ってみました。 今回の「犬心(いぬこころ)」というドッグフードはちょっと変わっていて、ワンちゃんのダイエットや療法食として使えるドッグフードです。 糖尿病、クッシング症候 …

ドッグフードの切り替えは本当に徐々にする必要があるのか

ドッグフードのパッケージなどに、「切り替えは少しずつ、1週間程度かけて行ってください」みたいなことがよく書いてあります。 ドッグフードを切り替えるたびに、なぜ、こんなことをする必要があるのか、ずっと疑問に思っていました。 …

犬ご飯の基本は人と同じく5大栄養素のバランスが大切

先日、「ペットフード/ペットマナー検定」を受験して思ったのですが、犬・猫でも健康の基本はやはり「食べ物」です。 人でもそうですが、栄養不足、食べ過ぎ、痩せ過ぎなど、食べることを正しくできていないと、不健康になり、ちょっと …

愛犬の食材に迷ったら、がん予防に最適なデザイナーフーズはいかが

デザイナーフーズって知っていますか? 1990年代にアメリカの国立がん研究所が中心となって、研究、発表した「がん予防」が期待できる野菜、果物のことです。 この研究をきっかけに、アメリカ人の野菜摂取率が飛躍的に延び、そのお …

きのこ類は免疫力をアップし、愛犬の健康維持にも最適

最近では、工場栽培のきのこが増えたため、いつでも色々なきのこがスーパーで安く売っています。そのため、季節感があまりないですが、秋といえば、きのこシーズンではないでしょうか。(きのこは秋だけじゃないみたいですが。。。) こ …

秋の味覚、秋刀魚は猫だけでなく、犬も大好きな食材

秋においしいものがたくさん出回る季節ですが、中でも秋刀魚(さんま)は安くて美味しく、庶民の味としてとても人気です。 今年は台風や北海道の気候の影響でさんま漁が不良だそうで、例年より値段がかなり高騰しています。うちでも例年 …

カッテージチーズは塩分、カロリーが低く、犬に最適なチーズ

以前からこのブログでも何度かチーズについては話題にしているのですが、チーズはその栄養価も高く、発酵食品でもあるため、腸内環境を整える効果もあり、犬にとっても最適な食材のひとつです。 特にあのチーズの独特の香りは、キツイ匂 …

愛犬の夏バテ解消にはオクラのあのネバネバが効果的

今年は家庭菜園で植えたオクラが豊作でした。数年前に植えたときは数本しか取れなかったのですが、今年はなんと20本以上も収穫できました。 オクラは収穫時期をちょっと逃すと、すぐに巨大なお化けオクラになってしまいますが、それで …

犬がパンを食べても大丈夫?カロリーオーバーにはご注意

愛犬の「もなか」ですが、実はかなりのパン好きです。 家族の誰かがパンを焼くと、その匂いをいち早く嗅ぎつけ、頂戴のポーズをしてじっと待っています。たぶん、あの香ばしい匂いがかなり気に入っているのだと思います。 ただ、ネット …

初めてのドッグフードは本当に少しずつ切り替えなければいけないのか

ドッグフードの注意書きに「初めて与えるときは5~7日程度かけてゆっくり切り替えてください」と、よく書いてあります。 なぜ、こんなに時間をかけて切り替えないといけないのでしょうか。昔はこの注意書きに従って切り替えていたので …

アスパラガスは犬に与えても大丈夫な食材?ネットの噂を調査

以前から、なんどか「もなか」には、アスパラガスを与えたことがありました。 我が家では、それほどアスパラガスを食べることはないのですが、食卓にアスパラガスがあるとき、柔らかい穂先の部分だけを少しあげています。   …

ジェーピースタイルのドッグフードは本当にダメダメなのか-検証してみました

「もなか」のドッグフードがそろそろ切れかけてきたので、先日、新しいものを購入しました。 いつもは手作り食で「おじや」を作って与えているのですが、お肉を切らしたときや、おじやを作っている時間がないときなど、時たまドッグフー …

愛犬の胃腸が疲れたときは葛(くず)でケア-下痢のときの食べ物としてもOK

万葉の昔から、日本では体調が悪いときや、胃腸の調子を整えるために、葛湯(くず湯)を飲むという民間療法があります。葛湯にはとろみがあり、体を温めたり、消化によいことから、病人食や赤ちゃんの離乳食に使われているものです。 犬 …

青魚の鯖はとても栄養豊富で犬も大好き-生活習慣病予防に

魚と言うと、猫が食べているイメージがありますが、犬もお魚が大好きです。 「もなか」の場合、さんま、サケ、サバなどの焼き魚が食卓に並ぶと、おこぼれにあずかろうと、ずっと狙っています。 特に焼き立ての匂いが好きみたいです。犬 …

愛犬の元気がないなと感じたら、レバーで栄養不足を改善

いつもは、「もなか」のごはんには、鶏むね肉を使っているのですが、ちょっと元気がないときや、毛づやが悪くなった時には、レバーをあげるようにしています。 「もなか」の主食は手作りの「おじや」なのですが、それに鶏レバーを細かく …

栄養満点のブロッコリーを犬に与えるとき注意する点はあるのか?

うちでは、よくブロッコリーを茹でたものを食べるのですが、「もなか」もブロッコリーは大好きでちゃっかりとお裾分けをもらっています。 ブロッコリーはカロリーも低くて、太り気味の「もなか」にちょうどよいおやつになります。 「も …

生姜はネギ類と同じで犬に与えてはダメ!と言われるが、本当?

これからの季節、冬になってどんどん寒くなってくると、風邪を引いたときや体を温めるためなど、生姜(しょうが)を食べる機会が多くなります。 生姜には血行を良くし、体を温める効能があることが昔から知られており、生姜の入った料理 …

ドッグフードはなぜあんなにも臭いがキツイのか

普段、「もなか」にはドッグフードを与えてはいないのですが、たまにドッグフードをおやつ代わりにあげていると、子どもたちからドッグフードの臭いがくさいと言われます。 確かにドッグフードの袋を開けたとき、かなりキツイ臭いがする …

腸内フローラのバランスをとってアトピー、アレルギーを改善する

腸内フローラのバランスが崩れているとアレルギー、アトピーの悪化の原因となります。腸内フローラには不思議なパワーがあるので、愛犬のアトピーにお悩みの方はワンちゃんの腸内環境を改善してあげましょう。

犬が食べてはいけないもの、タバコ、野菜、卵

犬が食べてはいけないものです。 今回は、家庭で身近なものである「タバコ」、「野菜」、「卵」を取り上げます。 特に野菜についてネットで調べていると、かなりの数のものが犬にとっては注意が必要とありました。本当でしょうか。

犬が食べてはいけないもの、ほうれん草、ミネラルウォーターetc

犬が食べてはいけないものです。ほうれん草、果物など、普段人間が食べているものでも食べ過ぎたり、与え方を間違うと危険なものもあります。また、危険と言われているものでも実は問題ないものもあります。

犬が食べてはいけないもの、牛乳、アルコールetc

前回はキシリトール、ネギ類、チョコレートなどの犬が食べるととても危険なものを取り上げました。 今回はもう少し危険度が低いものを取り上げてみます。 危険度中>アボガド>マカダミアナッツ>アルコール類>牛乳>鶏の骨>危険度小 …

犬が食べてはいけないもの、チョコレート、キシリトール、ネギ類etc

チョコレート、キシリトール、ネギ類は犬にとっては毒となる食べ物です。決して与えないようにしましょう。人間にとっては何でもないものが愛犬にとってはとても危険な食べ物である場合があります。何かよくて何がいけないのか、きちんと理解しましょう。

気になるドッグフードの安全性、ペットフード安全法はザル法?

毎日ドッグフードを食べているワンちゃんにとって、ドッグフードの安全性は言うまでもなくとても重要です。 近頃では食品偽装が大流行で、人間の食べるものでさえ気を付けていないとだまされる世の中です。ましてやドッグフードの中には …

愛犬のための「鶏肉と野菜たっぷりおじや」-栄養たっぷりで簡単調理

我が家の「もなか」ですが、子犬のときにアトピーを発症したこともあり、飼い始めて早い時期から手作り食に切り替えました。 「もなか」の場合はドッグフードが合わなかったことが、手作り食に切り替えた一番の要因でした。色々と手作り …

アトピーに効果的、ヨーグルト、納豆による腸内環境の改善

人間や犬の腸内には数百兆個もの腸内細菌が住んでおり、その細菌の力関係(バランス)が健康にかなり影響しているということをご存じでしょうか。 少し前に話題になったのですが、腸内フローラ(腸内のお花畑という意味で腸内細菌の塊) …

ワンちゃんには十分な水分を与えてあげましょう

犬に限らず、動物の体は全体重の約50~70%が水分でできており、普段の生活でも水はとても大切なものです。 特に、赤ちゃんではその割合がもっと多いと言われています。 水分不足になると、尿成分が濃くなることで腎臓機能にダメー …

えごま油はアトピーに効く、アレルギー抑制効果で花粉症も大丈夫

普段一般の家庭でよく使っているべに花油、ひまわり油やごま油などにアトピーやアレルギーの原因となりうるリノール酸が大量に含まれていることをご存じでしょうか。 リノール酸はアレルギー促進や炎症促進作用がある悪性エイコサノイド …

ワンちゃんにはドッグフード、手作り食、どちらがよいか

最近はネットやワンコ本で色々な犬ごはんの話題が載っており、少し流行ってきているような印象があります。 ただ、獣医さんからは手作り食は否定されたとの話もよく目にします。その見解としては、ドッグフードは犬に必要な栄養成分を計 …

1 2 »

「もなか」ダイエット中

今日(12/23)の「もなか」の体重は、
10.2kg (前回比-0.7kg)でした。
やっと、落ちてきました。

著者プロフィール

H.N. もなパパ


早いもので「もなか」を飼い始めて、7年になりました。やんちゃだった子も今ではりっぱなレディです。(相変わらず臆病者ですが。。。)


犬と生活していると、色々とおもしろいこと、分からないことが何かと出てきますが、疑問に思ったことを納得いくまで調査し、記事にしております。


また、記事を書く上で色んな資格試験にも挑戦した結果、今では以下の資格を持っています。




ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングに参加しています。このブログが少しでもお役に立てば、ポチッとお願いいたします。

目次

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © もなパパ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.