前回、デンタルケアの大切さについて書いたのですが、今回は愛犬の歯磨きのやり方について解説していきます。

歯磨きできるようになるにはまず、ワンちゃんに口の周りを触ることに慣れてもらう必要があります。

普通の犬は他人にマズル(鼻口の部分)周りや口の中を触られるを嫌がるため、何もトレーニングせずにいきなり歯ブラシを口の中に突っ込んだりすると拒否反応を示します。

最悪手を噛まれることもあるため、特に大型犬の場合には十分な訓練を行う必要があります。 訓練することで、噛みつき行動を抑制したり、病気のときなどに薬を飲ませる際にも役に立ちます。

また、子犬の方が訓練しやすいため、できるだけ小さいうちからマズルトレーニングを行い、慣れさせておくようにしましょう。

最初はかなり嫌がると思いますが、小さいうちなら噛みつかれてもそれほど痛くないので、怖がらずに大胆に行うことが大切です。

まずはマズルトレーニングで愛犬に慣れてもらう

10899289_700769306706352_378203378_nマズルトレーニングとは、元々は母犬が自分の子供を教育するときにマズルを軽く噛んで躾けることに由来しているようです。

マズルは犬の弱点でもあるため、そこを触らせるということは信頼していることを意味しており、ワンちゃんが飼い主を信頼していることの証になります。

  1. 最初はなでるようにやさしくマズルに触ることから始めます。 もし、少しでも嫌がるようであれば、無理はせず、最初は短めに触るようにします。
    大人しくできたら大げさに褒めてあげ、ご褒美をあげます。無理はせずに徐々に、長くなでれるように訓練します。
  2. なでることに慣れてきたら、次はマズル全体を手でやさしく掴みます。
    つかみ方は片手であごの下側から優しく包み込むようにします。上からつかむと、ワンちゃんの鼻をふさいだり、つかみ難いため、必ず下からつかむようにします。
    最初は短い時間掴み、大人しくすることができたら、褒めてあげ、ご褒美をあげるようにします。 これも慣れてきたら、つかむ時間は短めのまま、つかむ回数を徐々に増やしていきます。
  3. 最後はマズルをつかんだまま、ワンちゃんの顔を上下左右に回します。 最初は1回まわしてご褒美を与え、徐々にまわす回数を増やしていきます。何回、回してもじっとしていられるようになるまでトレーニングします。

マズルトレーニングは歯磨きの他にお薬を与える際にも役立ちますので、十分にトレーニングをしましょう。

ただし、躾けの際、マズルを強く握って言うことをきかせる、というようなことは絶体にしてはいけません。

ワンちゃんとの信頼関係が壊れることにもなりかねないです。

口を開くトレーニング

マズルトレーニングに慣れてきたら、次はいよいよ口を開かせるトレーニングです。

Sponsored Link

唇を持ち上げる

10895181_838279126233781_1301495695_nマズルコントロールのときと同じように片手で優しく下あごを支え、もう片方の手でやさしく上唇を持ち上げます。

最初は軽く持ち上げる程度にし、慣れてきたら上あごの奥歯が見えるぐらい大きく持ち上げれるようにトレーニングします。

十分に唇を持ち上げれるようになれば、次は見えている歯を外から軽く触るトレーニングを続けます。 ここまでできるようになれば、歯の表面を軽くカーゼで拭いて上げれるようになります。

口を開けさせる

次は、最終段階として口を開けさせるトレーニングをします。

まず、上あごの犬歯のうしろあたりに指を入れて軽く上顎を持ち上げるトレーニングをします。小さいワンちゃんであれば、膝の上に抱きかかえた方がやり易いです。

最初から無理はせず、少しずつ大きく口を開けさせるようにします。

大人しくできたときにはできるだけ大げさに褒めてあげ、ご褒美を上げることを忘れないようにしてください。最初はワンちゃんも初めての経験のため緊張しているので、できるだけ優しくしてあげることが大切です。

カーゼで拭いてあげる

抵抗なく口を開けれるようになれば、次はカーゼで歯を軽く拭いてあげましょう。

ガーゼは水やぬるま湯で湿らせてから人差し指に巻きます。

最初は歯を閉じたままでも大丈夫な、前歯の外側を軽く拭いてあげるようにします。 慣れてきたら、少しずつ前歯から奥歯へ、口を開けさせて歯の裏側へと段階的に進めます。

歯を拭くときは力を入れずにできるだけやさしく擦るようにします。 あまり力を入れ過ぎると歯茎を傷つけたり、ワンちゃんも痛いので、 噛みつかれることもありますので注意しましょう。

歯ブラシによる歯磨き

ガーゼに十分慣れてきたら、最後に歯ブラシで磨くトレーニングです。

カーゼで拭いてあげるだけもかなり歯磨き効果はあるのですが、 歯の間に溜まった歯垢を落とすにはやはり歯ブラシを使う方がよいです。 まずは、歯ブラシに慣れることから始めます。

ワンちゃん用の歯ブラシか、 人間の子供用の柔らかい歯ブラシを用意します。 ただ、歯ブラシを噛んですぐに壊してしまうため、指にはめて使うシリコンブラシなどの方がよいかもしれません。

歯ブラシを使う場合、手と違って力加減が分かり難いのでできるだけソフトに磨いてあげましょう。 歯ブラシを使うときも段階を踏んで、前歯から徐々に奥歯へとトレーニングします。

ワンちゃんが嫌がったら無理強いは決してせずに徐々に慣れせれることが肝心です。

また、犬用の歯磨き粉を使うのも効果的ですが、人間用のものは使ってはいけません。

ワンちゃんが歯磨き粉を飲み込んでしまうこともあるのですが、人間用のものだと胃腸を痛めたりすることがあるからです。

まとめ

ワンちゃんの歯磨きも人間と同じくプラーク(歯垢)コントロールが目的となりますが、人間のように毎食後に歯磨きをする必要はなく、一日一回で十分です。

時間帯を決めて毎日歯磨きする習慣をつけることにより、健康な歯を保ってあげましょう。

 

カテゴリートップへ戻る



Sponsored Link