久しぶりですが、「もなか」に新しいドッグフードを買ってみました。

今回の「犬心(いぬこころ)」というドッグフードはちょっと変わっていて、ワンちゃんのダイエットや療法食として使えるドッグフードです。

糖尿病、クッシング症候群など、高脂血症が原因で病気を患っているワンちゃんの療法食としてオススメなのだそうです。

特に、動物病院でよく紹介されるような海外の大手メーカー製の療法食では、その品質が不安だという人に好評です。

というのも、愛犬が病気になると、少しでも安全なものを食べさせてあげたいという人が多いからです。

 

「もなか」の場合、特に病気ではないのですが、油断をするとすぐに太るので、普段からこんなドッグフードでダイエットするのも良いのかもしれません。

追記:

「もなか」の場合、このドッグフードを食べることで便秘にかなり効果的なことがわかりました。最初は大量にウンチが出たのでびっくりしたぐらいです。そのため、最近ではいつもの「おじや」ご飯に、このドッグフードを少し混ぜるようにしています。

家族からもかなり好評なので、この前はリピートまでしてしまいました。

《参考記事》 「犬心」というドッグフードが気に入ったのでリピートしてみました



偏食が激しいワンちゃんにお試し(200g)が無料

なんとこのドッグフード、ワンちゃんの食いつきチェック用にと、初回に限り200gも無料(送料も無料)でくれるのです。

200gというと、小型犬なら2,3日分の量はあるので、しっかりとワンちゃんの好みをチェックできます。

偏食が激しいワンちゃんの場合、せっかく良さそうなドッグフードを買っても、まったく食べないこともあるので、特に高価なプレミアムドッグフードを買うときにはすごく躊躇してしまいます。

その点、無料でお試しができるのは、かなりうれしい特典です。

「もなか」も子犬の頃はかなりの偏食だったので、この有難さはよくわかります。

ただ、最近の「もなか」は、かなりの食いしん坊で、新しいドッグフードの食いつきが悪いということはまずないです。

そのため、特にお試しが必要という訳では無かったのですが、折角、無料でくれるというのでお試しを頼んでみました。

 

お試し品を注文すると、注文の翌日にはゆうメールで発送され、その次の日にはポストに届いていました。注文してから2日での配送です。

販売元のマッシュルーム・デザイン・スタジオという会社がかなり近所ということもあるのですが、中々の早さでした。

最近、アマゾンプライム会員になったので、翌日配送に慣れてしまっていますが、無料でこれだけ対応が早いとうれしいです。

 

ただし、このお試しをするには条件があります。

3Kg以上のまとめ買いか、定期コースを注文しないとダメです。1Kgの単品買いではこのお試しを使うことが出来ません。

私の場合、3Kgのまとめ買いを注文しました。「もなか」の場合、手作り食がメインであり、ドッグフードは補助的にしか使わないからです。

お値段は、3Kgで6500円と少々お高いです。

 

お試し品の発送メールに記載があったのですが、10日後に本商品が届くように手配したとありました。

つまり、本商品が発送されるまでの間なら、電話やメールで注文をキャンセルできるので、お試し期間としては、だいたい7日ぐらいあります。

1週間もあれば、十分にお試しができると思いますが、もし愛犬の食いつきが悪いときは早めにキャンセルすればOKです。

ドッグフードの品質にはかなりの自信がありそう

ホームページでも、紹介されているのですが、「犬心」は「人でも食べられるナチュラルフード」というふれ込みです。

お試し品と一緒に入っていた小冊子にも書いてあったのですが、

飼い主さんご自身で「自然な香り」をご確認ください。(ご試食いただいてもOKです)

とありました。ものすごい自信です。

普通のドッグフードなら「人のたべものではありません」と、食べたらダメと書いてあります。

 

これはぜひ食べなければと、一粒、食べてみました。

まず、よくあるドッグフードみたいにキツイ香りは一切ないです。少し、香ばしい匂いがします。

食べてみると、薄味でかつお節風味がしました。別に、おいしいものではないですが、特にまずくもありません。

匂いだけなら、とても香ばしく、ちょっと健康に良さそうな感じです。

ただ、私が味音痴なだけかもしれませんが、これだけたくさんの食材が入っているとは味からは分かりませんでした。

Sponsored Link

試しに「もなか」に与えてみました

カナガンのような強烈なニオイがしない分、「もなか」の反応も、最初はそれほどでもなかったです。

実際に与えてみると、かなりおいしそうにポリポリと食べてました。いつものドッグフードと、それほど食いつきは変わらないようです。

これなら、このまま購入しても大丈夫なようです。

 

このドッグフードは結構、形が不揃いなのですが、これはこのドッグフードが手作りのような製法をとっているためらしいです。

通常なら食品添加物やオイルコートでフードを固めるところを、添加物を一切使っていないからだそうです。

まあ、犬の場合、食べ物の見た目は一切気にしないので、形なんてどうでもいいです。

《参考記事》 犬がご飯を食べないとき、食いつきを良くするポイントとは

 

たぶん、「もなか」は新しい「おやつ」だと思っているようなのですが、食いつきからすると、かなり好評な方でした。

試しに、「もなか」のお気に入りの甘いクッキーとどっちを取るか、試してみたのですが、やはりクッキーには完敗でした。

甘い物好きな「もなか」は、やはりクッキーが大好きみたいです。

「犬心」と今までの療法食の違いは無添加と良質な原材料

小冊子に詳しく書いてあったのですが、以下の2つが大きく違うそうです。

  • 従来品ではコストを優先するため、原料・添加物・製法などに不安があり、長期的な視点でみると疑問点が残る。その点、「犬心」は無添加はもちろんのこと、人でも食べられるほどの品質である。
  • 単に低脂肪、低血糖なドッグフードではなく、良質な食材を使うことで、消化しやすいタンパク質、腸の健康を考えた食物繊維を配合するなど、食事で健康になることを考えたドッグフードである。

この「犬心」には、もちろん、余計な添加物は入っていないです。

しかも、糖尿病の療法食というと、単にカロリーを抑えただけのものもある中で、しっかりとワンちゃんの健康が考えられている点が評価できます。

どんな食材が使われているのか、見てみると、その数にも驚きます。

生牛肉・生鶏肉・生馬肉・植物油(ひまわり、ゴマ、キャノーラ)・魚粉・ココナッツ・大豆・ゴマ・とうもろこし・生魚・ホエイ・玄米・大麦・さつまいも・じゃがいも・海藻・はなびらたけ・冬虫夏草・オリゴ糖・ビール酵母・乳糖菌群

メインとなる肉だけでも、牛肉、鶏肉、馬肉、魚とたくさんの種類のタンパク質が入っています。

このブログでもいつも言っているのですが、どんな食材でも、それだけを食べていれば良いということはなく、どんなものでも万遍なく食べることが健康の秘訣だと思っています。

そういう意味では、たとえドッグフードであっても、できるだけたくさんの食材が入っている方が良いと思っています。

マッシュルーム・デザイン・スタジオとは

この「犬心」を販売している会社です。

なぜ、マッシュルームなのか、ネットで調べるとすぐにわかりました。

ドッグフードの他にも人用として、「はなびらたけ」・「冬虫夏草」など、キノコに関係する健康食材を販売している会社のようです。(元々、こちらがメインのようです)

小冊子にも会社の概要が書いてあったのですが、大和菌学研究所というキノコの研究所が母体となっているとありました。

その研究所の歴史はかなり古く、1946年とあるので、戦後すぐの頃に創業したかなりの老舗みたいです。

母体がキノコ研究所ということで、ドッグフードの材料にも「はなびらたけ」・「冬虫夏草」が入っているのも納得できました。

また、色々な大学との共同研究もされているみたいで、その点でも少し安心感があります。

まとめ

今回、「犬心」という、ちょっと変わったドッグフードを試してみました。

元々、このドッグフードは療法食ということもあり、病気療養中のワンちゃんにもちろんオススメなのですが、それだけでなくワンちゃんのダイエット、病気ケア用としても最適だと思います。

 

ただ、いつものことですが、良さそうなものは、値段がかなりお高いです。

ドッグフードのコンセプトとして、良い素材を使って、本当に最良な物を作っているとあるので、それなりに値段が張るのは仕方がないのかもしれません。

 

値段は、

3Kgで6500円、2167円/Kgです。

12Kgと大量に購入すると19800円なので、1650円/Kgになります。

「犬心」はすべて1Kg単位での小包装であり、開封しなければ1年間はもちます。そのため、気に入れば、12Kgを買ってもよさそうです。ただ、それでも、ドッグフードとしてはかなり高額な方です。。。

 

もう一つ、最初に無料でお試しができるという点は、かなり高評価です。

こんなに高額なドッグフードを買ってみて、もし食いつきが悪かったら、かなりのショックです。

 

折角、お試しもあることなので、少しでも気になったら、一度試してみてはどうでしょうか。

《公式サイト》 【犬心 糖&脂コントロール】

 

「犬の食べ物」に戻る



Sponsored Link