アレルギー性皮膚炎はホコリやダニなどのアレルゲンが体に付着することで、免疫機能が異常反応して症状が悪化します。症状を改善するためにアレルゲンとなっているホコリやダニを除去することが大切です。

ただし、綺麗すぎる環境というのもアトピー改善にとって本当によいのか、疑問に思っています。

クリーンルームのような無菌室に入れば、アレルゲンに接触しなくてアレルギー反応は出なくなると思いますが、一生クリーンルームで過ごすことは不可能です。ちょっと散歩に出れば、アレルゲンであるブタクサがそこら中に生えているような環境で、アレルゲンの完全除去などできるはずもありません。

できるだけ、アレルゲンには直接ふれないようにし、徐々に慣らしていくことも重要なことだと思います。そういう意味でアレルゲンの除去と言っても普通に家の中を掃除をして、ホコリが目立たない程度で十分だと思います。

定期的なシャンプー

定期的にシャンプーをしてあげることで体についたホコリなどのアレルゲンを洗い落せます。また、患部を洗うことで痒みも軽減されるようです。

通常であれば、シャンプーは月に1,2度で十分なようですが、体調が良い時にはもう少し回数を増やした方がよいように思います。

ただし、人間用のシャンプーは犬にとって刺激が強すぎるためダメです。犬用のシャンプーで低刺激のものを利用するようにしましょう。

Sponsored Link

また、シャンプーをするとワンちゃんの皮膚に必要な皮脂も洗い流してしまうので、回数が多すぎるのもよくありません。温度は37,8度のぬるま湯でシャンプーが残らないようにしっかりと洗い流してあげることも重要です。

ワンちゃんによっては、シャンプーが大嫌いな子もいると思います。無理にシャンプーするとそれだけでワンちゃんにストレスを与えることになるため、無理はせずブラッシングを増やしたり、濡れタオルで拭いてあげたりするだけも清潔に保てるかと思います。

家の中で飼っているワンちゃんの場合、ケージを置く場所をフローリングにするなど、ホコリが溜まりにくい(わかりやすい)ところに変えましょう。

小まめにケージを掃除をしてあげ、ホコリやダニの死骸などがワンちゃんに着かないようにします。当然、トイレのシーツは小まめに替えてあげてください。

「もなか」の場合、赤ちゃんのときにケージに入ることを強行に拒否したため、最終的にはケージで飼うことをあきらめました。

天井が付いていないタイプのケージだったので、脱走防止のため百均でかった網を括りつけたりしていたのですが、赤ちゃんのときから何度となく脱走してしまい手に負えませんでした。

しつけとしてはバツなんですが、まあ、いいかなと思ってます。

今では家の中、お庭で自由気ままに暮らしています。ということで家では飼い放し状態だったため、家の掃除には特に気を使うようにしていました。



Sponsored Link