ここ最近、朝起きると家族がくしゅん、くしゅんとアレルギー性の鼻炎でくしゃみをすることが多くなってきました。

ふと、気づくと庭に雑草が生い茂っており、イネ科の雑草がいっぱい生えていました。たぶん、これが原因だと思うのですが、調べてみると「メヒシバ」という雑草らしいです。

イネ科の植物なのですが、「黒柴」の親戚みたいな名前で、ちょっと面白いです。

その「メヒシバ」をよく観察してみると、この時期、たくさんの花粉がついていたので、みんなこれにやられたようです。

この夏は2,3度、草むしりしたはずなのですが、ちょっと目を離すとすぐに雑草が生い茂ってきます。今回は、ちょっと放置気味だったので、あまりにも生い茂って「もなか」の居場所が少なくなってしまうぐらいでした。

さっき、時間に余裕があったので、「もなか」と遊びながら、庭の草むしりをしていました。

 

我が家は私を含めて、みな何らかの花粉症もちなのですが、なぜか春に花粉症がひどくなる人、秋にひどくなる人、どっちも少しだけという感じで、同じ花粉症と言ってもその症状は様々です。

実は、「もなか」も花粉症がひどく、昔は秋になると、散歩に行った帰りによく鼻水を垂らしていました。犬も花粉症で鼻水が出るんだと、変なことに感心した記憶があります。

それなのに、今は「メヒシバ」が生い茂る中で日向ぼっこをしてもまったく平気みたいで、特に気にしていないようです。

もしかしたら、「もなか」は既に花粉症ではなくなったのかもしれません。

 

まあ、アトピーの症状もほとんどでなくなったので、アレルギー体質もかなり改善しているのでしょう。

そんな「もなか」ですが、今では、昔ほどアレルギーを気にしなくなっています。食べ物も特に制限など一切していないです。

特にこれといった対策はしていないのですが、今でもずっと続けていることが2つだけあります。

それは、以下です。

手作り食の「おじや」で健康的な食事

Sponsored Link

といっても、特別なことはしておらず、ドッグフードの代りに毎食、「おじや」を与えているだけです。一応、犬なのでタンパク質を多めにして、細かく切った野菜もたくさん入れるようにしています。

《参考記事》 愛犬のための「鶏肉と野菜たっぷりおじや」-栄養たっぷりで簡単調理

えごま油によるアレルギー対策

これも毎食の「おじや」にスプーン半分ほどを混ぜているだけです。特に何も気を付けることはないですが、もう、習慣になってしまいました。

《参考記事》 えごま油はアトピーに効く、アレルギー抑制効果で花粉症も大丈夫

まとめ

「もなか」もダメになったソファー

実は、今はえごまではなく、亜麻仁油を使っています。

たまたま、近所のスーパーで亜麻仁油が売っていたからですが、えごま油、亜麻仁油はどちらもオメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸を多く含んでおり、アレルギー対策としてはとても効果的なのです。

ただ、家族の中で毎日、えごま油を摂取しているのは「もなか」だけです。それは、「もなか」だけは出されたものを文句も言わず、おいしそうに食べるからです。

それが花粉症予防にも効果があるのだと思っています。今は、「もなか」が家族で一番の健康優良児なのかもしれません。

 

他の人も毎日、えごま油を摂れば、花粉症がマシになりそうな気がしておりますが、人の場合、マズイだの、メンドクサイだのと、色々と文句を言って結局、食べなくなるのです。

私も一時期は朝にえごま油を摂っていたのですが、いつも忘れてしまい、そのうち止めてしまいました。(一応、春の花粉症の時期だけは、気を付けて今でも摂るようにしています)

 

もし、花粉症の人がいたら、一度、えごま油をお試しください。納豆や豆腐に少しかけて食べるだけです。ちょっと独特の風味があるので、最初は食べ難いのですが、そのうち慣れてきます。



Sponsored Link