和の究み愛犬の「もなか」はアトピー改善のため、子犬のときから手作り食に切り替えたのですが、おやつ代わりに今でもときたまドッグフードを与えています。

ドッグフードを買うとき、いつも思うのですが、各社から販売されているドッグフードには値段の幅がかなりあり、プレミアムドッグフードとして1kg2,000円以上もするものから、安いものでは1kg300円以下という驚きの価格のものまであります。平均すると1kg500円~700円ぐらいものが多い気がします。

人が食べるものも節約、節約のご時世なので、犬のエサ台もできるだけ安くしたいと思ってしまうのですが、犬の総合栄養食であるはずのドッグフードがこんな低価格で本当に大丈夫なのでしょうか。

ドッグフードの適正な価格はどれぐらい

犬の食事にとって、一番重要なのは動物性タンパク質です。これは犬のご先祖様が肉食だったことが影響しているのですが、極端な話、犬は穀物を取らなくても生きていけるように出来ています。

ただ、最近のドッグフードの中には値段を下げるために穀物の量をかなり増やしているものが多く、肉類がほとんど入っていないものもあります。犬は穀物を消化するのは苦手なため、そのようなドッグフードを食べている場合には、消化効率が悪くなり栄養不足になったり、消化不良からおなかを壊すワンちゃんもいます。

ここで、1kg、500円のドッグフードに含まれるお肉の値段について少し考えてみたいと思います。

1kgのうち、肉の分量を500g、その他穀物を500gとして、原材料費が50%の250円(そのうち、200円がお肉代とする)だとすると、ドッグフード100gあたり40円分のお肉が使われていることになります。大抵のドッグフードはドライタイプなので、水分量を10%程度とすると、普通のお肉は半分以下の重量になります。ざっと概算して、100gで20円程度のお肉を使っていることになります。

この値段、安すぎると思いませんか?

今時、そんなお肉がスーパーで売っているでしょうか。一番安い、鶏のむね肉でも100g、40円はするはずです。

上記は原材料費を50%で計算してますが、実際にはもっと低いはずなので、もっと安い肉が使われているはずです。1kg500円以下の低価格なドッグフードになると、もっとすごいことになるのですが、どんなお肉が入っているのかは想像できるかと思います。

Sponsored Link

安いドッグフードの何が悪いのか

以前、下記の記事でも書きましたが、現在の日本では「ペットフード安全法」というものがあります。この法律によってペットの食べ物について、その安全性を高めようというものです。ただ、残念ながらザル法であり、ないよりはマシといった程度の法律です。

気になるドッグフードの安全性について
ドッグフードの酸化による健康への影響

このため、現在、日本で出回っているドッグフードは添加物がテンコ盛りのものも多く、中には発がん性物質まで含まれています。とても人間が食べれる基準ではないものが多くあります。

また、安いドッグフードでは、まともなお肉を使っていないため、当然犬の食いつきが良くありません。これをごまかすためにドッグフードの周りを油などでコーティングしたりするのですが、この油がまた体に良くない排油などを使っています。

よく犬のフードに「この食品はペット専用です」と書いてあるのを見かけないでしょうか。この記載の意味は、「この食品は人間が食べる基準を満たしていないので、食べるとどうなっても知りませんよ」と言っているのだと思った方がよいです。

まとめ

個人的には1kg、700円以下のドッグフードを愛犬に与える場合には、かなり注意が必要だと考えています。ドッグフードの場合、どうしても食材として何がどのぐらい入っているのか、分かり難いです。特に激安製品になると、どれだけ信用できるのか、疑問です。

できれば、たまには愛犬に手作り食を作ってあげることをおススメします。うちで作っている「おじや」は手作り食といっても簡単なものなので、よかったら一度試してみて下さい。ワンちゃんの食いつきが違うと思います。
愛犬のための「鶏肉と野菜たっぷりおじや」-栄養たっぷりで簡単調理

また、先ほどの「ペットフード安全法」によれば、原材料に含まれている添加物を製品のパッケージに表示する義務がありません。このため、原材料として輸入した中国のお肉にどれだけ添加物がテンコ盛りであっても、消費者にはわからないのです。

ある意味メーカーの誠意に頼るしかない状況ですが、すさまじい低価格でドッグフードを販売しているメーカーにどれだけの誠意があるのかは推して知るべしだと思います。

最近、「もなか」に与えている日清ペットフードのジェーピースタイル「和の究み」です。主原料が国産、不要な添加物も入っていないところが気に入っています。あと、小包装になっているので、ドックフードが酸化するまえに食べきることができます。少しずつしか食べない「もなか」にぴったりです。アマゾンでの口コミもかなり良いです。

 

「犬の食べ物」に戻る



Sponsored Link