犬と猫日本でもそうですが、どこの国でも犬好き、猫好きの人々を区別したがるようで、先日、8月8日の猫の日(国際的に猫の日らしいです)にちなんで、Facebookが利用者のデータ分析を行った結果を発表していました。

《Facebookの調査》 Cat People, Dog People

Facebookでは、アメリカ在住で犬か猫の写真を公開している16万人分のデータを分析したようです。

それぞれの人々のFacebookでの行動パターンを分析した結果は以下の通りです。

  • 犬派は猫派より平均で26人以上多くの友達と繋がっている。一方、猫派の人はより多くのイベントに招待される傾向がある。
  • 猫派の方が独身の人が多い。典型的な孤独な高齢の女性だけでなく、若い人や男性の独身者も多くいた。
  • 猫派は猫派と、犬派は犬派と友達になる傾向が高い。
  • 猫派の人々は犬派に比べて読書、テレビ、映画などのインドアが好きである。
  • 犬派と猫派では、テレビ番組や映画の好みは割とはっきりと分かれてる。猫好きはファンタジー、サイエンスフィクションやアニメを好む一方、犬好きは恋愛、リアリティー番組などを好む傾向。
  • 犬派は比較的田舎に多く住んでおり、猫派は都会に多いという結果。
  • 猫派はさまざまな感情を表現するのに対して、犬派は興奮、誇りを表現したがる。

 

私は猫を飼ったことがないので、猫のことはあまりわからないのですが、なんとなく、イメージ通りの結果ではないでしょうか。

Sponsored Link

犬の場合、どうしても毎日散歩に連れて行く必要があるので、独身で飼うのは難しいです。そのため、猫派にシングルが多いのは納得です。

日本では猫を飼うと婚期を逃すとよく言われますが、猫を飼っているから婚期を逃したのか、婚期を逃したから猫を飼うのか、微妙なところだと思います。

また、猫好きの人の方がインドア好きというのも、分かる気がします。犬を飼っていると、どうしてもいっしょに外で遊びたくなります。

猫はおしゃれな都会人、犬は田舎者というのもそのまんまという感じです。

ただ、猫派の方が感情表現が豊かというのが、若干、イメージと違いました。どちらかというと犬の方が色んな感情を出すイメージですが、犬は単純で素直な子が多いので、複雑な感情表現は苦手というところでしょうか。

 

動物好きな人は猫も犬も好きという人も結構多いので、どっちの派閥に属しているのか、というカテゴリー分けにはあまり意味がないかもしれませんが、これだけ特徴がはっきりと出ているのは、おもしろい結果でした。

Facebookも色んなことをやっていますね。



Sponsored Link