今年も「もなか」の下毛(アンダーコート)の抜け毛がすごく早く始まってしまいました。

《参考記事》 まだ真冬なのにもう抜け毛が。。。これからの冬の寒さに大丈夫?

もう、あれから1ヶ月半も経ったので、とっくに下毛は抜けきったのですが、今度は上毛(オーバーコート)が抜けだしました。

本当なら上毛は秋頃に抜け出すはず???

確か去年は6月頃に上毛が抜けだしたはずなんですが。。。。

「もなか」の場合、いつ換毛期になるのか、まったく予測できません。なんか、廊下に抜け毛が多いなと、気づくともう換毛期になっていました。

《参考記事》 季節外れに犬の抜け毛が多くなるのはなぜ?換毛期がずれる原因とは

基本的に、「もなか」は夜更かしもせず、家族の中では一番早く寝る、健康優良児です。お散歩にも毎日行っているので、冬の寒さや、お日様にも十分当たっています。

換毛期のずれる原因は暖房?

それでも、換毛期がずれるとなると、これはもう、暖房しかないですね。

いつもならこの時期、こたつに入りっ放しの「もなか」ですが、今年はこたつを禁止にしていました。その代わり、ファンヒーターを点けるとその前から動かなくなります。

Sponsored Link

こんな至近距離で暖房にあたっていると、かなり暑いはずなのですが。。。。こんな自堕落な生活をしていると、季節感がなくなるのでしょう。

「もなか」の場合、首輪に温度センサーを付けているので、こんな風に暖房にあたっていると、すぐに温度上昇の警告がスマホに来ます。あまりにしょっちゅう警告が来るので、また、暖房にあたっているのかと、オオカミ少年状態です。

《参考記事》 愛犬のお留守番を見守る「わんダント2」を買ってみました

オーバーコートの抜け毛にはラバーブラシが最適

オーバーコートの毛質は硬いので、ふとんや毛布に刺さると抜くのがかなり面臭いです。「もなか」の場合、寝るときは一緒に寝ているので(誰かの布団の上で)、抜け毛がひどくなると、寝室が抜け毛だらけになってしまいます。

面倒ですが、毎日のブラッシングは欠かせません。

上毛の抜け毛対策には、前に買ったラバーブラシが大活躍です。このラバーブラシ、やっぱり最高ですね。

ラバーブラシの裏表で形が違うのですが、まず、突起部分でゴシゴシして、その後、裏面で被毛の表面を撫でると、面白いぐらいに抜け毛が回収できます。

前に記事にも書きましたが、なぜもっと早く買わなかったのか、と思います。

《参考記事》 換毛期のオーバーコートの抜け毛にはラバーブラシが最適

欠点は、抜け毛がラバーブラシにくっ付くので、ブラッシングの後のお掃除がちょっと面倒です。

換毛期に不足がちな亜鉛の補給も忘れずに

「もなか」にとっても、古い毛をどんどん抜いてあげた方が生え変わりを促し、皮膚にも良いみたいです。

あと、換毛期の犬では、亜鉛が不足がちになるため、毎日の亜鉛の補給だけは、忘れないようにしないと。

《参考記事》 換毛期の犬のおやつには亜鉛たっぷりな、かぼちゃの種がおすすめ



Sponsored Link