昨日の夜なんですが、たまたま早めに寝ていると、隣で「もなか」がコソコソと何かを食べている気配がしました。こそっと見てみると、なんと、板チョコらしきものを食べているではありませんか。

すぐに取り上げたのですが、少し食べた後でした。

食べたチョコレートはブルーベリーが入っているちょっと変わった板チョコで、ブルーベリーの良い香りがします。それほどカカオ成分が多いものではなかったのですが、犬がチョコを食べるとチョコレート中毒になる危険性があります。

《参考記事》 バレンタインには犬のチョコレート誤飲にご用心-ビターは特に危険

Sponsored Link

ただ、「もなか」ぐらいの柴犬サイズになると、よほどのビターチョコレートでない限り、少々チョコレートを食べたぐらいでは平気なはずです。

それでも、ちょっと心配だったので少し様子を見ていたのですが、まったく平気な感じで、その後もすやすや寝てました。。。

今日も、特にお腹を壊す様子もなく、散歩でも快便という状態でした。

 

ということで、今回は全く問題なかったのですが、油断するとダメですね。一応、チョコレートは娘の机の上に置かれていたらしいのですが、「もなか」がよじ登って取ったのでしょう。

また、今回は、わざわざ、私が寝ている横にきて食べていたので、本気で盗み食いするつもりではなかったのでしょう。

遊び半分でやってしまったようです。

そのあと、みんなに怒られて、シュンとなっていました。。。

一応、悪いことをしているという自覚はあるみたいです。

ここ最近は、「もなか」もかなり賢くなってきて、おやつをその辺に出していても、勝手に盗み食いするようなことはなかったのですが、今回のように良いニオイがするものはまだダメみたいです。

気になると、ついつい食べてしまうようです。

 

前の記事にも書いたとおり、バレンタインの前後はチョコレートの放置に要注意です。特にビター系のチョコレートなら小型犬は一枚でもアウトです。

みなさんもお気を付け下さい。



Sponsored Link