今年も敬老の日にちなんで、アニコム様のサイトで長寿どうぶつたちが表彰されていました。

《参考》 祝!敬老の日 今年もご長寿どうぶつさんを表彰! ■猫23歳、犬20歳、うさぎ14歳

 

アニコム契約どうぶつの中では、小型犬「タロウちゃん」、中型犬「ちょびちゃん」ともに、20歳で犬のご長寿No.1だったそうです。

少し前に話題になっていたご長寿犬のプースケが26歳だったので、20歳と聞くと、意外に若い?と思ったのですが、人間に換算すると100歳越えらしいです。

世界からも注目されていた長寿犬のプースケはやっぱり特別で、すごい犬だったんですね。

ちなみに猫部門では、23歳の「ちろちゃん」ということで、やっぱり犬より猫の方が長生きみたいです。犬と猫では、平均寿命からして違いますからね。

 

ついでに世界ではどのぐらいご長寿犬がいるのかと、ちょっと調べてみると、ギネス記録がなんと、29歳5ヶ月だそうです。すごい!!

オーストラリアの牧牛犬で、「ブルーイー」だそうです。

もう、80年近く前の話らしいのですが、ギネスとしては未だに破られていない不動の記録だそうです。また、ギネスとしては認められていないのですが、オーストラリアの「マギー」が30歳らしいです。

Sponsored Link

どちらもオーストラリアなのですが、オーストラリア犬はご長寿なのでしょうか?

《参考》 ギネス記録は200歳?!世界の長寿犬特集

《参考》 ブルーイーや世界の長寿犬たちの話

 

愛犬の「もなか」も今年で7歳になるので、そろそろ年齢が気になる歳になってきました。

=>まだまだ、やんちゃなのですが。。。

30歳はさすがに無理だと思うのですが、「もなか」も平均寿命の14、15歳は軽く超えて、20歳を目指して長生きしてほしいです。

20歳まで生きるとなると、あと13年もあるのですが、その頃には私もかなりの歳になってます。。。

 

ご長寿というと、少し前から、健康寿命が大切とよく言われています。

日本人の場合、健康寿命と平均寿命の間がかなり長く、10年近くも差があることが大問題なのだそうです。

いくら長生きしたからといって、健康じゃなければ意味がないということです。

 

厚生労働省の定義では、「健康寿命」はとてもシンプルでした。

健康寿命:「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」

《参考》 平成26年版厚生労働白書 ~健康・予防元年~

 

要は、寝たきりになってしまったらダメだということです。

これは犬でも一緒で、如何に健康寿命を伸ばせるかです。

 

今年は「もなか」も高齢犬の仲間入りすることもあり、このブログでも、老犬の健康をテーマにしたネタをどんどん探していきたい思っています。

まずは、早くダイエットせねば。。。



Sponsored Link