今日も、イマイチ本調子でない、お眠な「もなか」ですが、気付くとリビングのダメになるソファーでダメ犬になってました。

エアコン直下のソファーがお気に入りなのか、ときたま、すごいかっこうで寝転んでいます。

 

そんなことはどうでもいいですが、今日のお昼におやつをあげようとしたとき、「もなか」のおやつがほとんど無くなっていました。

煮干だけはまだ大量にあるのですが、イマイチ食いつきがよくありません。

ということで、さっきまでアマゾンでおやつを探していたのですが、中々いいものが無いですね。

「犬 おやつ 無添加」で探していると、どれも買ったことがあるものばかりで、目新しいものがありませんでした。

ちょっと良さそうなものがチラホラとあるのですが、良いものはそれなりにお高いです。

 

今はお盆休みということあり、ここは久しぶりに「もなか」のおやつクッキングをやっていました。

とは、言っても新しいものにチャレンジせずに、前に作ったことがある、お手軽なむね肉ジャーキーを作ってみました。

《参考記事》 鶏のむね肉で愛犬のためのジャーキー風ヘルシーおやつ

このジャーキーは簡単に作れるわりに、結構、「もなか」にも好評なので、ときたまリピートしています。

今回は、コストを重視し、余計なトッピングを一切しない純粋なジャーキーを作ってみました。

 

作り方はとても簡単で、近所のスーパーで鶏むね肉を2枚(48円/100g)で買ってきて、皮を剥ぎ、薄くスライスしたものをオーブンで60分、じっくりと加熱するだけです。

かかった費用は、

  • むね肉542g 260円
  • 光熱費 18.5円

合計で、278.5円でした。

Sponsored Link

 

むね肉をジャーキーにしたときの重さは、178gだったので、100gあたりに換算するとかかった費用は、156円でした。(皮も含んでいますが。。。)

結構安いです。

調理も切って焼くだけなので、作業時間は15分ほどしかかかりません。

それにしても、542gのむね肉が、ジャーキーにすると、たった178gと3分の1になるんですね。

 

アマゾンでチェックしてみると、安いジャーキーでも100gあたり700円ぐらいが相場なので、自分で作るとかなりお安くできます。

まとめ

今回は、「もなか」のおやつ備蓄用にと、むね肉2枚をジャーキーにしてみました。

さすがに2枚も調理すると、結構な量になりました。オーブンがちょっと小さいので、詰めて焼くとくっ付いてしまいますが、ポキッと簡単に割れるので、問題なしです。

これで、しばらくの間はおやつは大丈夫そうです。

 

さっそく、「もなか」にあげてみましたが、やっぱり好きみたいです。ただ、ちょっと硬さが足りないのか、あっという間になくなってしまいます。

写真撮ると、無表情になる「もなか」です。。。



Sponsored Link