犬の病気について

犬も人と同じように長く飼っていると、色々な病気にかかります。

特に子犬や老犬の場合には、免疫力が弱いこともあり、ちょっとしたことから重症なってしまうことも珍しくありません。そうならないためにも普段から愛犬の様子を注意深く観察することはとても大切です。

また、下痢などのちょっとした体調不良はキチンと対処さえすれば、病院に行かなくてもすぐによくなることがほとんどですが、どんなときに病院に行ったらよいのか、迷うことも多いかと思います。特にペット保険に入っていないと、診察料が高くて、ちょっとしたことで病院に行くのをためらってしまいます。

犬がかかりやすい病気について、調べた結果をまとめてみました。

犬の病気でよくある症状

犬の体調不良で一番多いのが、下痢と嘔吐だと思います。

特に犬の場合、嘔吐をしやすく、ちょっとしたことですぐに吐いてしまうことが多いです。そんなとき、愛犬の症状からしばらく様子をみたらよいのか、すぐに病院に行ったらよいのか、判断が難しいこともあります。

以下の記事には、できるだけ掘り下げて犬のちょっとした病気について書いてみました。

よくある症状

眼に関する病気

犬がかかりやすい病気

老犬が注意したい病気

 

また、最近ではペット医療も進化しており、再生医療によって今まで治らなかった病気が治るようになってきています。

ワクチン接種やお薬で防げる病気

狂犬病や感染症はキチンと予防することで感染を防ぐことができます。ただ、最近では法律で決まっている狂犬病の予防接種でさえ、受けさせていない飼い主が急増しています。

自分の愛犬は室内でしか飼っていないので、大丈夫と勝手に思い込んでいる人もいるのですが、フィラリアなどは蚊を媒体として感染するため、かなり危険な感染症です。また、フィラリアは一旦感染すると、完治させることが難しく、放って置くと確実に死に至る、とても怖い病気です。

フィラリアの予防薬が無かった時代には、この病気のために犬の平均寿命が短くなっていたと言われるほどです。

ただ、今では、毎年キチンと予防薬を飲んでさえいれば100%感染することもない病気なので、飼い主の責任として対応してあげましょう。