今週末は、桜の花が満開でどこもかしこもきれいに咲いておりました。

今朝、「もなか」と散歩に行ったとき、近所の散歩コースでもきれいに咲いていたので、お花見がてら「もなか」と写真を撮ってみました。結構いい感じで撮れました。

ちょうど風が吹き、ひらひらと花吹雪が舞ってとても幻想的な感じだったのですが、「もなか」はまったく関心がなかったです。

花より団子という感じで、いつものように雑草をムシャムシャと食べておりました。落ちいていた桜の花びらは完全に無視です。

《参考記事》 犬が散歩の途中で草を食べるのは、胃の調子が悪いから

Sponsored Link

今日は、「もなか」の便の調子もイマイチで、若干下痢気味でした。また、いつもより草を多く食べていたので、ちょっと胃腸の調子が悪いのかもしれません。

先週は、子どもたちも学校が休みで家に居る機会が多かったので、何かとおやつをもらい過ぎなようです。たんに食べ過ぎだと思います。

 

それにしても、ここ2、3年は、たまたま機会がなくて、「もなか」とお花見に行くことが出来ていません。昔は、「もなか」を連れて、近所の有名なお花見スポットによく行ってました。

ただ、お花見の時期はどこも超一杯で、ワンちゃんを連れてのお花見はいつも気を遣います。

特に、「もなか」の場合、ものすごい怖がりなので、周りに知らない人がいっぱいだと、とても興奮して大変なのです。たいてい、最後は抱っこになるので、かなり疲れます。。。

まとめ

お花見ではよくペットも同伴している人が多いのですが、ペットを連れて行ってもよい場所だと言っても、みなが犬好きということはありませんので、マナーには要注意です。

犬嫌いな人にとっては、横で犬が歩いているだけでイヤなものです。

あと、花見での注意点というと、やはり食べ物です。

あちこちで宴会をやってますし、有名なスポットでは屋台もいっぱい出ており、周りに食べ物がたくさんあります。食べ残しが落ちていることもよくあるので、ワンちゃんが拾い食いしないように気をつけましょう。

特に、焼き鳥の串などは喉にささるので、超危険です。

絶対に、そのまま、ワンちゃんに食べささないようにしてください。

《参考記事》 犬の異物誤飲にはご注意、覚えておくと便利な応急処置について



Sponsored Link