愛犬の健康管理と犬に関係する情報、ペット保険をテーマに記事にしてます。また、「もなか」のアトピー性皮膚炎について、色々と行った対策も記事にしています。

犬の食べ物

  • HOME »
  • 犬の食べ物

食材犬の食べ物と言えば、今ではドッグフードが当たり前なので、それ以外の物を食べさせてもいいの?と思っている人もたくさんいるそうです。

実は、私も少し前まではその一人でした。

ただ、「もなか」がアトピーになったことをきっかけに、ドッグフードについて疑問を持つようになりました。

特に、ドッグフードは実際にどんな材料が使われているのか、よくわかりません。中には本当にひどい品質のものもあります。

こんなものを安心して愛犬に食べさせることが出来ないと思い、一念発起して手作り食に切り替えました。今では、積極的に色々な食材を「もなか」に与えるようにしています。

昔からよく言われているように、食事はいろんな種類をバランスよく食べることが一番大事です。

よく、ドッグフードは完全栄養食なので、犬にはそれだけを与えておけば大丈夫、という人がいますが、本当でしょうか?

ドッグフードもその品質はピンキリであり、特に安いドッグフードなどはどんな食材が入っているか分かったものではありません。そもそも、あの値段でまともな品質のものが作れるはずがありません。

そんなものを完全栄養食として、愛犬に与え続けるとどんなことになるのか。。。

最近の犬はガンになることが異常に多いと言われています。それは犬の寿命が延びて高齢まで生きるようになったこともあるとは思いますが、それだけではないように思います。

ドッグフードとは、人間の食べ物でいうところのインスタント食品です。長期保存できるように乾燥させ、添加物もいっぱい入っています。お手軽に食べれるところなど、まさにインスタント食品そのままです。

もし、自分の子供にインスタント食品ばかり食べさせている親がいたら、どう思いますか?そんなものばかり食べていて、ほんとうに健康に良いと思いますか?

ドッグフードという完全栄養食は愛犬に食べさせても大丈夫?

ペットフード私も決して、すべてのドッグフードに問題があるとは思っていません。ただ、ドッグフードの中には品質の悪いものが混じっているのは事実です。

特に量販店で売っているような激安のドッグフードの中には、品質が悪いものが多いように思います。そんなドッグフードを長年にわたって愛犬に与えていると、病気になっても不思議ではありません。

ただ、今の日本の法律ではドッグフードの安全性やその品質について、消費者がキチンと調べることはかなり難しいのです。

無添加と謳っているドッグフードであっても、それは製造の段階で添加物を使っていないだけかもしれません。

なぜなら、ペットフード安全法では、原材料に含まれている添加物を表示する義務がないからです。

私たち消費者が自衛手段としてできることは、あまりにも安すぎるドッグフードは買わないことです。また、購入するドッグフードのメーカーがキチンと情報公開しているか、確認することも重要となります。

これまで与えたドッグフードの中で特にオススメなもの

普段、「もなか」は主食としてドッグフードは食べていないのですが、たまには手抜きをしてドッグフードを与えることがあります。

これまで試したドッグフードの中で、特におすすめできるものをピックアップしてみました。

ここ最近は、安い「ジェーピースタイル」と、ダイエット用にも最適な「犬心」の2つをローテーションしています。

愛犬には手作り食のススメ

料理愛犬の健康を第一に考えるなら、品質が悪いドッグフードよりは手作り食の方が断然オススメです。

特にアレルギー持ちの場合には、手作りすることでアレルギーの除去食などが楽にできます。ただ、犬の場合、人が食べても問題ない食材であっても、犬にとっては毒となるものも稀にあります。

また、犬の場合、野菜などの食物繊維が多いものは消化しにくいなど、最初は戸惑うこともあります。

ただ、犬の手作り食といっても、そんなに構える必要はなく、味付けを薄めにするだけで、人間が食べれるものであれば、ほとんどの物は犬でも大丈夫です。

 

犬の食性としては雑食なのですが、どちらかというと肉食系の食事の方が体には合っています。ただ、人間に比べて塩分は少な目でよく、味付けは極薄にする必要があります。

人間でいうところの、糖尿病食のような薄味で、メインの食材を肉にするイメージです。塩、こしょうなどの味付けは、ほとんどしなくてOKです。

栄養士さんのように栄養成分を細かくチェックする必要もありません。栄養バランスをちょっと考えるだけでOKです。

考えてみて下さい、普段の私たちの食事でも、厳密に栄養価を考えて献立を作っている人なんてほとんどいません。

もうひとつ、犬に手作り食する場合、簡単でおすすめなのは「おじや」です。

しっかり炊き込むことで、食材が柔らかくなり、食物繊維の消化が苦手なワンちゃんにもっとも適しています。また、「おじや」にすることで、普段、あまり水を飲まないワンちゃんにも適度な水分補給ができ、一石二鳥な調理法なのです。

犬が食べてはいけないもの

禁止人間が食べて大丈夫なものでも、犬が食べると危険なものがいくつかあります。

特に小型犬の場合には、人に比べて体重が極端に軽いため、少しの量でも致命傷になってしまうものもあります。

飼い主として、最低限、犬に食べさせてはいけないものを覚えるようにしましょう。

ただ、ネット上には色々なウワサが流れており、中にはデマだと思うようなこともたくさんあります。色々と調べた結果をまとめてみました。

犬が食べてもよい野菜とは

野菜犬の場合、元々肉食だったこともあり、野菜は食べないものと勘違いしている人もいるのではないでしょうか。

確かに大昔の犬は肉食で、捕食した動物しか食べていなかったと言われています。ただ、犬は長年、人間に飼われていたことで、徐々に雑食となり、穀物や野菜なども食べるようになりました。

ただし、犬は人に比べるとまだまだ消化器官が未発達であるため、野菜や穀類よりは肉の方が消化しやすいのは確かです。

犬が食べてもよい野菜についてまとめみました。

犬が食べてもよい果物とは

果物果物は食物繊維が豊富な上、ビタミンや酵素を多く含んでいるものがたくさんあります。ビタミンは抗酸化力がとても高く、老化防止や体の抵抗力をアップしてくれる優れものです。

甘くておいしい果物はワンちゃんも大好きな子が多く、ちょっとしたおやつとしても最適です。私たち人間が果物を食べるときに、ちょっとお裾分けしてあげるのもよいかと思います。

犬にオススメの果物をピックアップしてみました。

その他、犬に与えたい食材とは

野菜や果物以外にも、犬に与えたい食材はいっぱいあります。主に「もなか」に与えているものを中心にまとめてみました。

 

愛犬の手作り食-どんな食材を使ったらよいかお悩みの方へ

愛犬のドッグフードの食いつきが悪い、アトピー・アレルギーで悩んでいるという方に、「愛犬のための 食べもの栄養事典」という本がおすすめです。 「愛犬のための 食べもの栄養事典」はどんな本? 須崎 恭彦さんという動物病院の先 …

« 1 2

著者プロフィール

H.N. もなパパ


早いもので「もなか」を飼い始めて、7年になりました。やんちゃだった子も今ではりっぱなレディです。(相変わらず臆病者ですが。。。)


犬と生活していると、色々とおもしろいこと、分からないことが何かと出てきますが、疑問に思ったことを納得いくまで調査し、記事にしております。


また、記事を書く上で色んな資格試験にも挑戦した結果、今では以下の資格を持っています。




ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングに参加しています。このブログが少しでもお役に立てば、ポチッとお願いいたします。

目次

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © もなパパ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.