愛犬の健康管理と犬に関係する情報、ペット保険をテーマに記事にしてます。また、「もなか」のアトピー性皮膚炎について、色々と行った対策も記事にしています。
最新の記事
  • HOME »
  • 最新の記事 »
  • 日常

日常

ペットの活動量計(ウェアラブル端末)でよい感じのものがないです

少し前に「わんダント2」というペットの見守りガジェットを愛用していたのですが、残念なことに、わんダント2のサービスが終了してしまいました。 《参考記事》 愛犬を見守る「わんダント2」のサービスが早くも終了です このブログ …

犬の散歩でも気になる除草剤のペットへの影響について

「もなか」の散歩に行くと、たまに空地の雑草が変に枯れている場所があります。 たぶん、除草剤を撒いているのだと思うのですが、「もなか」が舐めたり、足に付いてもいけないので、できるだけそのような場所には近寄らないようにしてい …

いよいよ愛玩動物飼養管理士の認定試験が迫ってきました

この前、課題報告(模擬試験のようなもの)を提出していたのですが、その結果と共にいよいよ本番である、認定試験の案内が送付されてきました。   この愛玩動物飼養管理士は、通信教育というていなので、最初に申し込んでか …

ペットのために「もしも」の備えって何をすればよいのか?

マクロミルというインターネットを利用した市場調査を行っている会社が、面白いアンケート結果を発表していたので、ご紹介します。 《引用》 犬猫の飼い主1,000人にきく、ペットの『もしも』の時の備え アンケートのテーマはタイ …

秋の花粉症対策にえごま油は如何?効果は「もなか」で実証済み?

ここ最近、朝起きると家族がくしゅん、くしゅんとアレルギー性の鼻炎でくしゃみをすることが多くなってきました。 ふと、気づくと庭に雑草が生い茂っており、イネ科の雑草がいっぱい生えていました。たぶん、これが原因だと思うのですが …

格安の狂犬病ワクチンに反発する獣医師会ってどうなの

今日の朝日新聞で以下のような記事が載っていました。 《参考》 狂犬病ワクチン、「格安」広がる 獣医師会は反発、なぜ 要約すると、犬を飼っている人にはお馴染みの狂犬病予防接種を、2千円(税抜き)という格安で接種してくれる獣 …

庭にスズメバチの巣が!!業者に駆除を頼んでみました

この前、庭の物置の中にスズメバチの巣が出来ており、うちの奥さんが大騒ぎする事件がありました。古い木製の物置で、後ろの背板のところが壊れていたので、そこから侵入したようです。 嫁が庭で洗濯物を干そうとしたところ、大きなスズ …

動物愛護論で、欧米と日本での動物の捉え方の違い

この前行った、愛玩動物飼養管理士のスクーリングの講義の中で、とても興味深い話がありました。 それは、動物愛護論の中で、欧米と日本では動物についての考え方が根本的に違うということです。 動物について考え方の違い 特に欧米は …

「犬心」というドッグフードが気に入ったのでリピートしてみました

前回、愛犬「もなか」のドッグフードとして、少し変わった「犬心」というものを買ってみたのですが、これが家族にも中々好評だったので、リピートしてみました。 《参考記事》 「犬心」はダイエットにも最適なドッグフード(無料お試し …

「ドットペットランチャー」っていうオモチャ、面白そうじゃないですか

この前、Makuakeから犬の新しいおもちゃが登録されたとメールが来ていました。 どんなオモチャかというと、自動でボールが飛び出し、そのボールを拾って持って帰ってくると、おやつが出るという仕組みです。 《参考》 ボールが …

「愛玩動物飼養管理士」2級のスクーリングに行ってきました

このブログでも何回か書いたのですが、今、「愛玩動物飼養管理士 2級」という資格を取ろうと、勉強中です。 《参考記事》 現在、愛玩動物飼養管理士を目指して勉強中 といっても、ほとんど勉強が進んでおらず、まだ課題提出(マーク …

犬の歯石除去にある程度硬い食べ物は効果的-アニコムのおもしろい実験

ペットの保険でNo.1のアニコム様のホームページに面白い実験が掲載されていたので、ご紹介しておきます。 以下の記事なのですが、野生動物は歯磨きしないにも関わらず、歯石が付かないことに着目して実験したのだそうです。 《アニ …

ペット保険各社の28年度決算状況をチェック-ますますアニコム様の一人勝ちが加速?

28年度の決算結果もそろそろ出そろってきたので、今年も恒例のペット保険各社の業績チェックを勝手にやってみたいと思います。 ペット関連市場としては、犬の飼育数がマスマス減少気味なのですが、ペットの高齢化に伴う医療費の増加、 …

「もなか」が円形脱毛症に!犬でも十円ハゲはストレスが原因?

少し前から気にはなっていたことなのですが、「もなか」の右耳の先っぽのところが少し白くなっています。 何かなと良く見てみると、その部分だけ上毛が抜けて薄くなっており、下の皮膚が白く見えているのです。 黒柴の「もなか」の場合 …

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)って知ってますか?

正解は、マダニが媒介する新種のウィルスです。 2011年に初めて中国で見つかったウィルスなのですが、数年前から日本でも感染例が報告されるようになりました。ウィルスに感染すると、発熱、白血球・血小板の減少する症状が特徴的な …

加計学園問題で話題の獣医師は本当に不足しているか?

ちょっと前の国会で、かなり揉めていた加計学園の獣医学部新設の話です。未だに、文部科学省から新しいドキュメントが出てきたとか、前事務次官が記者会見したとか、まだ盛り上がっています。 一応、獣医師がらみの話なので、ずっと注目 …

雨の日でも犬の散歩に行く人が多い中、「もなか」は断固拒否します

今年は梅雨に入ってからまったく雨が降っていなかったのですが、ひさしぶりに昨日からものすごい雨でした。 雨が降ると、雨嫌いな「もなか」が絶対に散歩に行かないので、ウンチやおしっこをさせるのもひと苦労になります。 というのも …

「もなか」の歯石取り、一年後の再チャレンジです

ほぼ一年ぐらい前、「もなか」の歯石がとても気になったので、思い切って、自宅で歯石取りをやってみたことがありました。 《参考記事》 自宅での犬の歯石取り-実際にやってみた成果をご報告 当時、スケーラーとリデンタという歯石ケ …

犬の肉球のケガは治りにくいので、しっかりとケアしましょう

この前、「もなか」の肉球が少しめくれているのを発見しました。 少し前まで、プニュプニュで、触ると気持ち良い肉球だったのですが、ここ最近は少しガサついていたので、それが原因なのかもしれません。 「もなか」本人は特に気にする …

愛犬を見守る「わんダント2」のサービスが早くも終了です

昨日、こんなメールが来てました。。。 【重要】愛犬見守りサービス「わんダント2」終了のお知らせ 平素は、愛犬見守りサービス「わんダント2」をご利用いただき、ありがと うございます。 わんダント2は、2016年4月よりサー …

犬のノミ・ダニ予防薬、「ブラベクト錠」は本当に安全?

最近、テレビのコマーシャルで犬のノミ・ダニ駆除の予防薬の宣伝しているのを、よく見かけます。 超有名な柴犬のまるちゃんが出演しているもので、ノミ・ダニの新しいお薬、「ブラベクト錠」を売り込んでいるものです。 と、このブラベ …

現在、愛玩動物飼養管理士を目指して勉強中

前回、ペットフード/ペットマナー検定に合格したときにも書いたのですが、次のステップアップとして「愛玩動物飼養管理士」を受験しようと、申込みしてみました。 《参考記事》 ペットフード/ペットマナー検定の合格証書が届きました …

廃棄される魚をペットフードにして地域活性化-無添加で安心素材が売り

先日、ローカルのテレビ番組で珍しいペットフードに関する内容が放送されていました。 なんでも、廃棄されるような小さなサメやエイといった魚を使って、ペットフードを開発、販売することで地域の活性化を行っているというニュースです …

「犬肉祭り」の開催をめぐって、今年も盛り上がっている愛護活動

毎年この時期になってくると、ネットで話題になるのが、中国、玉林市の「犬肉祭り」です。今年はついに規制が入るかも、というニュースが流れていました。 《参考》 非難浴びる中国の犬肉祭り、今年はついに中止か 記事によると、この …

「もなか」の体重がまた増加気味なので、ダイエット再開です

昨日、いつもの動物病院に行って、混合ワクチンの予防注射とフィラリアの採血検査してきました。 結局、今年も狂犬病予防注射の後に混合ワクチンになってしまいました。何せ、混合ワクチンを打つとその後、一か月間も、狂犬病予防注射で …

最近、愛犬「もなか」のお腹の調子が絶好調-ドッグフードを替えたから?

少し前にも記事にしたのですが、最近、「もなか」の便通が絶好調です。 《参考記事》 犬のウンチ量は少ない方が本当に健康によい?便秘になるよりは大量の方がずっとマシ この前、記事を書いたときも、驚くほどのウンチの量だったので …

「犬バカですが なにか?」、犬との付き合い方をテーマにした良書です

最近、あまり本を読まなくなっていたのですが、Kindle Unlimited(特定のKindle本を読み放題)を試したくて少し前にアマゾンのKindle端末を買ったので、今、本を読みまくっています。 なんせ、読んでも読ま …

ペットにも再生医療で最先端の治療を受けさせたい

最近ではiPS細胞などによる人の再生医療が注目を集めていますが、実はペットの再生医療もかなり盛り上がっているようです。 下記の記事にもあったのですが、ウェブサイトで再生医療を謳っている動物病院は160以上もあるそうです。 …

ペットの治療ミスに対して賠償判決-獣医師さんも頑張ってください

今朝の新聞に載っていたのですが、ペットの犬の治療ミスに対して、病院側に治療費、慰謝料として116万円の支払いを命じた判決が出たとありました。 《朝日新聞》 ペットの犬「誤投薬で腎不全に」 獣医師らに賠償命令 賠償金額は請 …

ペット保険業界の問題点についてちょっと考えてみました

このブログでも何度か話題にしたことがあるのですが、今回は「ペット保険業界の闇」というか、ペット保険の問題点について、勝手にまとめてみたいと思います。 ペット保険業界は、年率で10%も伸びている成長分野です。 一時期のペッ …

1 2 3 10 »

著者プロフィール

H.N. もなパパ

早いもので「もなか」を飼い始めて、5年にもなります。やんちゃだった子も今ではりっぱなレディです。(相変わらず臆病者ですが。。。)

犬と生活していると、色々とおもしろいこと、分からないことが何かと出てきますが、疑問に思ったことを納得いくまで調査し、分かりやすい記事にすることを目指しています。

記事を書くことで自分の勉強にもなりますが、少しでも、同じように犬を飼っている人のためになればと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングに参加しています。このブログが少しでもお役に立てば、ポチッとお願いいたします。

目次

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © もなパパ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.